信州大学医学部麻酔蘇生学教室

研究

業績

業績録 -2022-

他の年の業績録を見る
論文(洋)
    原著
  • Ishida K, Tanaka S, Shen D, Matsui S, Fuseya S, Shindo T, Kawamata M: Calcitonin gene-related peptide is not involved in neuropathic pain induced by partial sciatic nerve ligation in mice. Neuroscience Letters. 2022; 778: 136615.
  • Sugiyama Y, Fuseya S, Aiba K, Maruyama Y, Shimao T, Tanaka S, Kawamata M: Preoperative and postoperative complications of cerebrospinal fluid drainage in descending thoracic and thoraco-abdominal aortic aneurysm surgery: a single center retrospective study. Journal of Anesthesia. 2022; doi: 10.1007/s00540-022-03077-0.
  • Shen D, Sugiyama Y, Ishida K, Fuseya S, Ishida T, Kawamata M & Tanaka S: Subfascial infiltration of 0.5% ropivacaine, but not 0.25% ropivacaine, exacerbates damage and inflammation in surgically incised abdominal muscles of rats. Scientific Reports. 2022; 12: 9409.
  • Kawakami K, Tanaka S, Sugiyama Y, Mochizuki N, Kawamata M: Intrathecal morphine exacerbates paresis with increasing muscle tone of hindlimbs in rats with mild thoracic spinal cord injury but without damage of lumbar α-motoneurons. PLOS ONE 2022; doi.org/10.1371/journal.pone.0273095.
  • 症例報告
  • Ito M, Watanabe N, Sawado Y, Ishida K, Yoshiyama Y, Ishida T, Fuseya S, Tanaka S, Kawamata M: An unusual foreign body in the oral cavity: a case report from a patient safety point of view and literature review. Journal of Anesthesia. 2022; doi.10.1007/s00540-022-03087-y
  • EDITORIAL
  • Tanaka S: What changes occurred in patients with chronic pain in the early phase of the COVID‑19 pandemic?. Journal of Anesthesia. 2022; 36, 332-334.
論文(和)
    著書(分担執筆)
  • 川真田 樹人: 第4章 痛み, 鎮痛法. 読んでおきたい麻酔科学論文. 稲田 英一. 東京, 克誠堂出版, 2022; pp.71-80.
  • 山本 兼二, 平林 高暢, 間宮 敬子: Ⅱがん性疼痛に使用される薬物、4.オピオイド、C.強オピオイド、i. モルヒネ製剤. がん性疼痛 薬の使い方. 花岡 一雄. 東京, 克誠堂出版, 2022; pp.45-54.
  • 石田 高志, 川真田 樹人: Ⅳ 鎮痛補助薬 局所麻酔薬、その他. がん性疼痛 薬の使い方. 花岡 一雄. 東京, 克誠堂出版, 2022; pp.224-232.
  • 杉山 由紀, 川真田 樹人: 第6章 脳神経麻酔の周術期管理の基本 5. 術後疼痛管理(薬物療法). 神経麻酔と神経集中治療の基礎と実践. 飯田 宏樹, 川口 昌彦. 東京, 日本医事新報社, 2022; pp.181-184.
  • 田中 聡: 第7章 脳神経麻痺での主な疾患と管理法 13. 脊髄腫瘍. 神経麻酔と神経集中治療の基礎と実践. 飯田 宏樹, 川口 昌彦. 東京, 日本医事新報社, 2022; pp.258-261.
  • 川真田 樹人: 46.痛みの生理学. 麻酔科学レビュー 2022. 山蔭 道明, 廣田 和美. 東京, 総合医学社, 2022; pp.260-264.
  • 田中 聡, 石田 高志: 2章 生理学 2.3 神経生理・疼痛生理. 2.3.1 自律神経の生理. 2.3.2 疼痛の生理. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.49-57.
  • 杉山 由紀, 川真田 樹人: 2章 生理学 2.11 免疫・アレルギー. 2.11.1 免疫機能と術後感染. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.131-135.
  • 平林 高暢, 山本 兼二, 間宮 敬子: 9章関連分野 9.3緩和医療 9.3.3 がん性疼痛の発生機序. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.754-755.
  • 平林 高暢, 山本 兼二, 間宮 敬子: 9章関連分野 9.3緩和医療 9.3.4 痛みの評価法. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.755-756.
  • 山本 兼二, 平林 高暢, 間宮 敬子: 9章関連分野 9.3緩和医療 9.3.5 緩和医療におけるオピオイド. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.757-759.
  • 山本 兼二, 平林 高暢, 間宮 敬子: 9章関連分野 9.3緩和医療 9.3.6 オピオイド以外の鎮痛薬・鎮痛補助薬. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.759-761.
  • 平林 高暢, 山本 兼二, 間宮 敬子: 9章関連分野 9.3緩和医療 9.3.7 緩和医療における神経ブロック. 臨床麻酔科学書. 森田 潔. 東京, 中山書店, 2022; pp.761-762.
  • 山本 雅史, 田中 聡: A.総論 Ⅲ. 質脊髄路(CST)の術中モニタリングの基礎. 有害事象とその予防. 術中脳脊髄モニタリングの指針2022. 日本臨床神経生理学会. 東京, 診断と治療社, 2022; pp.36-38.
  • 田中 聡: B.各論 . Ⅳ. Ⅲ.大血管手術の術中モニタリング. 総論.大血管手術における術中モニタリングの適応. 術中脳脊髄モニタリングの指針2022. 日本臨床神経生理学会. 東京, 診断と治療社, 2022; pp.125-126.
  • 田中 聡: B.各論 . Ⅳ. Ⅲ.大血管手術の術中モニタリング. 総論.大血管手術の術中モニタリングにおける麻酔. 術中脳脊髄モニタリングの指針2022. 日本臨床神経生理学会. 東京, 診断と治療社, 2022; pp.128-129.
  • 田中 聡: B.各論 . Ⅳ. Ⅲ.大血管手術の術中モニタリング. 各論.経頭蓋刺激・運動抑制(Tc-MEP). 術中脳脊髄モニタリングの指針2022. 日本臨床神経生理学会. 東京, 診断と治療社, 2022; pp.130-134.
  • 田中 聡: B.各論 . Ⅳ. Ⅲ.大血管手術の術中モニタリング. 各論. 体性感覚誘発電位(SEP). 術中脳脊髄モニタリングの指針2022. 日本臨床神経生理学会. 東京, 診断と治療社, 2022; pp.134-137.
  • 総説
  • 山本 兼二, 平林 高暢, 間宮 敬子:特集「ペインクリニシャンが行う緩和ケア」 1.これからの緩和ケアの展望. ペインクリニック 2022; 43(3): 249-258.
  • 川真田 樹人: 特集: 周術期における免疫学:基礎と臨床 緒言とまとめ. 麻酔 2022; 71(9): 938-939.
  • 杉山 由紀: 特集: 周術期における免疫学:基礎と臨床 周術期の免疫学概説. 麻酔 2022; 71(9): 940-947.
  • 原著
  • 水口 智侑子, 鈴木 真依子, 道永 祐希, 杉山 由紀, 川真田 樹人: 気管挿管時の感染防止を目的とした自作フードの有用性の検討. 臨床麻酔 2022; 46(1): 69-72.
  • 山本 兼二, 平林 高暢, 間宮 敬子: 特集:がん性疼痛へのオピオイド薬物治療 Ⅱ.オピオイド 3.強オピオイド(モルヒネ). 麻酔 2022; 71(1): 23-31.
  • 清澤 研吉, 川真田 樹人: 先天性無痛症とNav1.7変異とその機能. Precision Medicine 2022; 5(2) 11-14.
  • 症例報告
  • その他
  • 川真田 樹人, 白木 康浩: <インタビュー記事>職員教育と職員マネジメント RPAによる業務の自動化・効率化により定型業務時間を大幅減 大学全体のDXと人材育成推進にも取り組む. Hospital TODAY; 49: 2-3.
学会発表
    受賞
    国際学会
    ≪招聘講演≫

    ≪一般演題≫

  • 国内学会
    ≪セミナー≫

  • ≪シンポジウム≫
    第3回日本周麻酔期看護医学会学術集会(Web開催(オンデマンド配信))2022.2.19〜3.19
  • 澤渡 佑子: 当院での周麻酔期看護師の活動-術後鎮痛へのかかわり-.
  • 日本麻酔科学会第69回学術集会(神戸・Web)2022.6.16-18
  • 石田 高志: 近未来の周術期リスク評価・介入とAI 機械学習を用いた急性術後痛予測の有用性.
  • 日本ペインクリニック学会第56回学術集会(東京・Web)2022.7.7-9
  • 田中 聡: [術後慢性痛予防法と遷延防止に向けた新たな挑戦] 動物研究から学ぶ術後痛の遷延化.
  • ≪優秀演題≫
    第26回日本神経麻酔集中治療学会(大阪・Web)2022.7.15-16
  • 田中 竜介, 篠原 顕治, 木内 千暁, 白鳥 徹, 田中 聡, 川真田 樹人, 笹尾 潤一: レミマゾラム全静脈麻酔下手術における運動誘発電位閾値電流の検討.
  • ≪一般演題≫
    日本麻酔科学会第69回学術集会(神戸・Web)2022.6.16-18
  • 白鳥 颯人, 蜜澤 邦洋, 石田 高志, 中村 博之, 丸山 友紀, 川真田 樹人: 電位依存性ナトリウムチャネル1.7変異による先天性無痛症患者の椎弓切除術における血中カテコラミン値と心拍変動解析の推移.
  • 和田 美紀: 修正アレンテストによる手掌血流変化 レーザー血流画像化装置による解析.
  • 浅川 春奈: 経口補水液による脱水補正が末梢静脈径に与える影響.
  • 蜜澤 邦洋, 熊谷 司, 内田 治男, 清水 俊行: 地域基幹病院における気管憩室の 頻度と気管チューブとの位置関係.
  • 杉山 由紀, 石田 公美子, 吉山 勇樹, 田中 聡, 川真田 樹人: 敗血症時はリンパ球系前駆細胞への分化抑制が骨髄において早期に始まる.
  • 杉山 由紀, 渡邉 奈津子, 高澤 知規, 斎藤 繁, 川真田 樹人: 周術期アナフィラキシーの臨床症状と経過時間の検討: 多施設共同周術期アナフィラキシー前向き観察研究(JESPA).
  • 渡邉 奈津子, 杉山 由紀, 高澤 知規, 齋藤 繁, 川真田 樹人: 周術期アナフィラキシーでの治療薬に関する検討: 多施設共同周術期アナフィラキシー前向き観察研究(JESPA).
  • 第27回日本緩和医療学会学術大会(神戸・Web)2022.7.1-2
  • 平林 高暢, 山本 兼二, 間宮 敬子: メサドン使用中の膵臓がん患者へ内臓神経ブロックを行った1症例.
  • 日本ペインクリニック学会第56回学術集会(Web)2022.7.7-8.31
  • 坂本 明之: 口演 [難治性疼痛] ハイブリッド手術室で行う神経ブロック.
  • 小林 浩一, 田中 成明: 口演 [薬物療法] ブプレノルフィンテープ使用で治療を終了した1症例と治療中の1症例.
  • 田中 竜介, 篠原 顕治, 笹尾 潤一: 口演 [電気刺激療法] 開腹膵体尾部切除術後の遷延性術後痛に対して脊髄刺激療法が有効であった一症例.
  • 第26回日本神経麻酔集中治療学会(大阪・Web)2022.7.15-16
  • 相場 一馬: 下行大動脈瘤/胸腹部大動脈瘤手術時の脊髄保護を目的とした脳脊髄液ドレナージに伴う合併症~単施設後方視的観察研究~.
  • 日本心臓血管麻酔学会第27回学術大会(京都・Web)2022.9.17-18
  • 横山 雄悟, 丸山 友紀, 田中 聡, 飯田 圭輔, 笠原 智貴, 杉山 由紀, 川真田 樹人: 麻酔覚醒時のST低下を契機に重症3枝病変が判明し緊急冠動脈バイパス手術を施行した1症例.
  • 地方会・研究会
    ≪教育講演≫
    日本ペインクリニック学会 第2回 中国・四国支部学術集会(Web開催・高松)2022.2.19
  • 田中 聡: 急性術後痛遷延化のリスクファクターとそのメカニズム.
  • ≪セミナー≫
    第7回日本脳脊髄術中モニタリング研究会(大阪)2022.4.17
  • 田中 聡: 術中脳脊髄神経モニタリングの実際 -麻酔科から見た血管外科のモニタリング-.
  • ≪一般演題≫
    第10回信州麻酔・集中治療・疼痛懇話会(ハイブリッド開催・松本)2022.1.23
  • 小渕 理人, 吉山 勇樹, 渡邉 奈津子, 相場 一馬, 杉山 由紀, 川真田 樹人: 過去の複数回の全身麻酔時に感作され増幅されたスガマデクスアナフィラキシーの1症例.
  • 那波 大輔, 飯田 圭輔, 丸山 友紀, 田中 聡, 川真田 樹人: 筋強直性ジストロフィー合併患者の腹腔鏡下胆嚢摘出術においてレミマゾラムを使用した1症例.
  • 中村 博之, 石田 公美子, 田中 聡, 山田 充彦, 川真田 樹人: 無痛症患者が保有する変異型電位依存性ナトリウムイオンチャネル(NaV1.7)の機能解析;変異型チャネルを導入したマウスは無痛症になるか?.
  • 駒田 翔, 成田 昌広, 川上 勝弘, 高野 岳大, 赤沼 佑里子, 國本 史子, 服部 亜季子: 一市中病院における腹腔鏡手術件数と二酸化炭素の使用量.
  • 笠原 智貴, 田中 聡, 川真田 樹人, 新藤 隆行: LPSを用いたARDSモデルマウスに対するadrenomedullinの反応.
  • 白鳥 颯人, 蜜澤 邦洋, 石田 高志, 中村 博之, 丸山 友紀, 川真田 樹人: 電位依存性ナトリウムチャネル1.7変異による先天性無痛症患者の椎弓切除術における血中カテコラミン値と心拍変動解析の推移.
  • 小松 慶之, 布施谷 仁志, 蜜澤 邦洋, 中村 博之, 石田 高志, 川真田 樹人: 胸骨閉鎖時に右冠動脈グラフトの圧迫閉塞により心室細動をきたした一症例.
  • 神戸 直哉, 池野 重雄, 坂本 明之, 土橋 哲也, 廣瀬 智重: 経鼻胃管が咽頭粘膜下を経由し胃内に留置された一症例.
  • 蜜澤 邦洋, 石田 高志, 田中 聡, 川真田 樹人: 表皮内刺激電極を用いたAデルタ神経選択的な痛覚誘発電位における麻酔薬の影響.
  • 笹尾 昂司, 菱沼 典正, 安藤 晃, 城下 裕子, 馬場 浩介: 術後覚醒遅延を契機に判明した甲状腺機能低下症の一例.
  • 第12回信州重症患者ケア研究会(Web開催)2022.2.5
  • 市野 隆, 吉川 貴紘, 水口 智侑子: 開心術中に発症した輸血関連急性肺障害(transfusion-related acute lung injury: TRALI)に対して、Extracorporeal membrane oxygenation: ECMOを使用した1症例.
  • 日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第62回合同学術集会(Web開催)2022.9.2-10.3
  • 松﨑 敦子: 非侵襲的連続心拍出モニタリング(esCCO)を用いた超低心機能患者の鼠径ヘルニア手術の麻酔経験.
  • 熊谷 司, 小渕 理人, 清澤 研吉, 大畑 淳, 市野 隆: 経食道心エコーの操作により左橈骨動脈圧波形が平坦化したファロー四徴症の2症例.
  • 上條 琴子, 北口 美輪, 飯田 圭輔, 後藤 咲耶子, 杉山 由紀, 川真田 樹人: 気道・呼吸管理に難渋した左肺全摘後の右主気管支狭窄の一症例.
  • 白鳥 颯人: 二度の片肺手術を受け、二回目の片肺手術後に再膨張性肺水腫を来した症例.
  • 水口 智侑子: 気管食道シャント造成術において高頻度ジェットベンチレーションを用いた症例.
  • 堀谷 勇介, 沼田 佳保里, 山田 利恵子, 笠原 智貴, 吉山 勇樹, 川真田 樹人: 気管切開カニューレ留置のまま二腔気管支チューブを経口挿管し麻酔管理を行ったロボット支援下肺葉切除術の一症例.
  • 吉田 倫將: 気管切除術における術後気道・呼吸管理の経験.
  • 西村 光季子: 嚥下障害を有する重症筋無力症患者の全身麻酔前後に嚥下機能評価を行った一症例.
  • 笹尾 昂司, 菱沼 典正, 安藤 晃, 城下 裕子, 馬場 浩介: 術後覚醒遅延を契機に判明した甲状腺機能低下症の一例.
  • 横山 美咲, 丸山 友紀, 飯田 圭輔, 田中 聡, 川真田 樹人:胃瘻造設術の全身麻酔管理にレミマゾラムを使用したCornelia de Lange 症候群の1症例.
  • 佐藤 渉, 田中 竜介, 石田 高志, 渡邉 奈津子, 丸山 友紀, 川真田 樹人: 高度心機能低下患者の腹腔鏡下腎尿管全摘術におけるレミマゾラムによる全静脈麻酔の経験.
  • 駒田 翔: 術前にアナフィラキシー被疑薬を同定し麻酔管理を行った1症例.
  • 横山 雄悟, 山田 友克, 石田 高志, 川真田 樹人: 術中の呼気終末二酸化炭素分圧の上昇より診断した劇症型悪性高熱症の一症例.
  • 松﨑 敦子: 高用量フェンタニル服用がんサバイバーの周術期疼痛管理の経験.
  • 立花 遥香: マルファン症候群合併妊婦に対する無痛分娩の経験.
他の年の業績録を見る

信州大学医学部麻酔蘇生学教室

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1 信州大学医学部附属病院麻酔科蘇生科
TEL : 0263-37-2795(麻酔科蘇生科外来)/ 0263-37-2670(麻酔科医局)
FAX : 0263-35-2734 (麻酔科医局)


Copyright © 2010 The Department of Anesthesiology and Resuscitology, Shinshu University School of Medicine. All rights reserved.